読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾安心トラベル

台湾の観光スポット、ナイトライフや豆知識等を紹介していきます。

   

台北最強のパワースポット!?台湾観光定番の龍山寺へ行こう!!

f:id:taiwananshintravel:20160311155041j:image
最近、パワースポットを巡る旅をする人が増えてきましたね。数年前までは「パワースポットとはなんぞや?」という方々が大多数でした。今は当たり前となった「パワースポット」は国内だけではなく、世界中に在り、もちろん台北にも在ります。皆さまも台北最強と言っても過言ではないこの“龍山寺”に訪れてみてはどうですか!?今回は、台北定番の観光地でもある龍山寺を紹介したいと思います。

龍山寺とは?】

f:id:taiwananshintravel:20160311155142j:image

正式名称は艋舺龍山寺(マンカーロンシャンスー)という名称だが、地元でもただ単に龍山寺と呼ぶ人が多いそうです。ガイドブックでも「龍山寺」のみで書かれていることが多いですよね。
 
龍山寺は、今から約300年程前の1738年(清時代)に福建省泉州から台北へ渡って来た人々により創建された台北市内で最古の寺院です。
 
ここには大小合わせて100以上にも及ぶ様々な神様が祀られています。様々な神が祀られた7つの香炉を順に廻りながらそれぞれの神に参拝するそうです。
 
過去に地震や火災、第二次世界対戦による空襲などにより何度も損傷したみたいですが、その都度修理や再建がなされました。
 

龍山寺の見所は?】

f:id:taiwananshintravel:20160311155018j:image

1つ目はやはり、鮮やかで色彩豊かなきらびやかに輝く装飾ではないでしょうか。
個人的には屋根の色彩や装飾の美しさに惹かれました。正にアートのように芸術価値が高い為、台湾の二級古跡に指定されるほど。
 
二つ目は前述した通り、様々な神様がいることだと思います。「学問の神様」、「安産の神様」や「恋愛の神様」の三つの神様が特に人気であり、地元の方々に厚い信仰を寄せられています。
 

【周辺施設等】

最寄のMRT龍山寺駅に地下街があり、占いやお土産屋等が沢山あります。また、近くには台北の原宿と言われている西門町、華西街観光夜市などもあります。
 

【アクセス】

龍山寺駅一番出口を出て直進して徒歩一分程。

・台北車站から板南線で二駅。 

 

【MRTの乗り方】

【タクシーの乗り方】

www.travel-technique.com

 

 

「台湾フェスタ2016」が7月に代々木公園で開催!これを機に日台の友好関係をもっと深めよう!

“公式ホームページより引用”

2016年7月30日(土)、31日(日)に東京都渋谷区に在る代々木公園にて“台湾フェスタ 2016”が開催される事になりました!!

 「観光・産業・芸能・文化・美食」の5つの観点から台湾の魅力をもっと日本の方に知って貰い、日台の友好をもっと深めようではないか!と主催者は考えているそうです。 

ネットや雑誌などの情報だけでなく、代々木公園にできるこのリトル台湾へ足を運んでいただき、台湾を肌で感じて頂きたいと私は思います!
 
出展社やアーティストやパフォーマーなどの出演者も募集しているそうです!
 
※詳しくは下記HP等を参照して頂くようお願いします。
公式ホームページ  http://twfes.com/#

高雄観光でここは絶対に外せない!高雄市最大の【六合夜市】で台湾グルメを堪能しよう!

f:id:taiwananshintravel:20160302000533j:image

「台湾=夜市でしょ?」ってくらいに思っている方、このような考えをお持ちの方も中にはいるはず。いや、寧ろ大半の方がそう感じていると言っても過言ではないでしょう。

近年ジワジワと人気が出てきている高雄にも勿論有名な夜市はあります!今回は、どのガイドブックにも載っているほどの高雄で一番人気な活気溢れる“六合夜市”を紹介します。

 
    目次
 
 

【六合夜市とは】

f:id:taiwananshintravel:20160303191549j:image
日本語:ろくごうよいち
繁体字:六合夜市
簡体字:六合夜市
 英語   :Liuhe Night Market
 
1950年代に小さな屋台が出店し始め、徐々にその数を増やしていった事で現在の熱気溢れる夜市の姿になっていきました。現在では140店近くの屋台が軒を連ねています。
 
1980年代後半から夜市の一角では、18時から2 時までの間は歩行者天国となっています。
 
2010年には、台湾の交通部観光局が選ぶ「最も魅力のある夜市」に、台北士林夜市とともに選ばれました。 
 

【六合夜市の魅力とは】

f:id:taiwananshintravel:20160302001036j:image

台湾の夜市は、主要駅から離れていることが多く、時にはタクシーで向かう方が楽ではないのかと思われるような場所に夜市があったりします。ですが、この六合夜市は駅から徒歩2、3分で行ける程の好立地なのです。これも魅力の内の1つです。

また、近くにはいくつかホテルが在りますし、最寄り駅の美麗島駅はMRTの乗り換え駅になっておりますので、六合夜市近辺のホテルで宿を取るのをオススメします。

六合夜市で皆さまに食べて頂きたいのは、やはり魚介類になります。高雄の名物のカラスミ、烏賊焼きや海老など、港町なだけあって本当にどれも美味しいです。

海鮮系の屋台が多いのは高雄の夜市の特徴であり、台北の夜市との大きな違いかもしれません。もちろん、夜市定番のの臭豆腐牛肉麺胡椒餅等もあります!

屋台で買った食べ物は、夜市の通りの真ん中や端に椅子とテーブルが並べてあるのでそこで台湾グルメを堪能すると良いでしょう。六合夜市は他の夜市と比べると、人が歩けない程ゴミゴミとしてはいなく、適度な混み具合なので食べ歩きしやすいのも六合夜市の良いところでしょう。

【営業時間】

18時から深夜2時頃まで年中無休で営業。
21時から23時が最も混雑する時間なので人混みが苦手な方はこの時間帯は避けると良いでしょう。
 

【アクセス】

美麗島駅出入口11から出ますと六合夜市中山一路出入口が左手にすぐ見えてきます。・高雄駅からはタクシーで5分程度。 

思わず息を呑んでしまう程の美しさ!世界でもっとも美しい駅の1つ言われる美麗島駅!

こんにちは^^台湾安心トラベルです。

今回は台湾高雄市にある定番観光スポットで、アメリカのニュースサイトや大手旅行サイトで公表された、世界でもっとも美しい駅として2位にランクインされた“美麗島駅”を紹介したいと思います。
 

f:id:taiwananshintravel:20160223160228j:image
日本語:びれいとうえき
簡体字:美丽岛站
  英文 :Formosa Boulevard Station
 
高雄市新興区に在る地下鉄駅で高雄国際空港からMRTで約20分程度で、高雄のメインストリートである中山路と中正路が交わるところに位置している。
 
紅線と橘線の乗換駅で2008年9月14日開業。
乗降人員は約13,000人。高雄捷運が運営している。
 
本駅の見所はやはり、イタリアのステンドグラスアーティストMaestro Narcissus Quagliataによる祈りを表現したThe Doe of Light(光のドーム)と題された、4,500枚のステンドグラスで構成されるパブリックアートである。
 
f:id:taiwananshintravel:20160224152129j:image
 
駅入り口から階段を下ってすぐにあるこの光のドームには思わず足を止めて眺めてしまうほどの魅力がある。記念撮影などでカメラを構えている方が常に沢山いるほどこのアートは絵になる。
 
このステンドグラスは1枚1枚手作業でグラスを張り付けた為、完成までに4年費やしたという。
因みに、地上の出口は日本の建築家の高松伸氏によりデザインされた。
 
f:id:taiwananshintravel:20160224160614j:image
 

【周辺施設】

駅周辺には、六合夜市、中華郵政台湾土地銀行、新興市場高雄市政府警察局新興分局、南華観光商店街や中山 中正路婚紗街などがある。

 

【アクセス】

高雄国際空港から地下鉄で21分。
・タクシーでもおおよそ20分程度(交通状況による) 。 

今ジワジワきている台湾第2の都市の高雄って一体どんなところ?


f:id:taiwananshintravel:20160222011955j:image
皆さん“高雄”ってご存知ですか?
おそらく、初めての台湾旅行の際に大半の方が台北へ訪れると思いますし、ニュースやテレビなどで取り上げられるのも台北ばかりで“高雄”を耳にする機会そう多くはないと思いますのでざっくりと紹介したいと思います。

  目次 





【地理】f:id:taiwananshintravel:20160219060907j:image

高雄市は台湾南部に位置する台湾第二の都市で、人口は約280万人。都会的な部分や日本統治時代の建築物等の歴史を感じとれる部分を兼ね備えた大変魅力的な都市であります。
 

【気候】f:id:taiwananshintravel:20160220054652j:image

年間平均気温が25度前後と暖かく旅行に適した気候になっていますので、真冬でも昼間は日差しが割りと強いため半袖姿の方もちらほらと見受けられます。夕方からは少し冷えるため、日本の春や秋の服装(ジャケットを羽織る程度)がちょうど良いと言えるでしょう。
 

【経済】f:id:taiwananshintravel:20160220052802j:image

1960年代半ばから工業が発達し、加工貿易の工業団地や重化学工業のコンビナートが集積する台湾随一の工業都市となっています。
 

【交通】f:id:taiwananshintravel:20160220172645j:image

交通面でもかなり充実していて、2008年にMRTが開業したり、市内を環状運転する路線を作る計画もなされているようですのでこれからも増々発達していくことでしょう。また、バス路線も豊富にあります。短期の滞在で時間があまり無いのであれば、タクシーが安いので利用するのも手でしょう。
 

【観光】f:id:taiwananshintravel:20160220174517j:image

観光スポットもかなり充実しているので訪れた観光客を飽きさせることはないでしょう。台湾観光定番の夜市は勿論のこと、他にも台北101ができるまで台湾一の高さを誇った東帝士85國際廣場というビルや、ショッピングモール、現在でも残っている日本式家屋等が存在しています。
 

【渡航情報】f:id:taiwananshintravel:20160220174537j:image

高雄国際空港は桃園国際空港に次ぐに2番目の国際空港です。免税店なども沢山のお店が入っています。市内へはMRTで簡単に移動できます。日本からの直行便もありますので週末や日帰りの小旅行も十分可能です。
 
 
 
皆さんどうでしたか?今回はざっくりと紹介させていただきました。これだけでも魅力が伝わったのではないかと思います。
今後は観光情報などもまとめてみたいと思います。では今回はこの辺で。